珈琲とチョコレート

本屋さんか図書館まわりで生きています。座右の銘は「ラングドシャにハズレなし」。ブックカバーとしおりはいくつあってもいいものです。

菊池寛『恩讐の彼方に』

恩讐の彼方に

 大正八年に菊池寛耶馬渓伝説をもとに描いた短編小説。

 

 大分県中津市耶馬渓(やばけい)で、江戸時代の僧禅海が、自らノミと槌で30年をかけ彫りぬいた洞門が「青の洞門」です。

 

 耶馬渓には「鎖渡し」という難所があって、命を落とす民衆が後を絶ちませんでした。これを見かねて禅海が托鉢で資金を集め、石工を雇い、執念で洞門を完成させました。この逸話をもとにして書かれたのが『恩讐の彼方に』です。

 

f:id:coffeeandchocolate:20190103004417j:plain
f:id:coffeeandchocolate:20190102231303j:plain
平成二年に公開された禅海和尚の像。後ろ側に菊池寛への感謝を込めてレリーフが飾られている。

 右図の写真の銅像の後ろが切り立った崖になっています。こんな岩場が多い地形で、当然現代のような舗装された道路もなく、通行が困難だっただろうことは想像に難くないのでした・・・

 青空文庫で公開されています。短編なのでスマホでも読みやすいです(^_-)-☆

 

 

恩讐の彼方に』 菊池 寛/著

あらすじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 1  主殺し

 安永三年(1774)、江戸の旗本の家で殺人事件が起こります。屋敷の奉公人、市九郎が旗本である主人といさかいの末、主殺しの大罪を犯してしまったのです。いさかいの原因は主人の妾、お弓とねんごろになってしまったことでした。この当時は手打ちにされても仕方がない重罪です。市九郎とお弓が密会していた現場に、突然主人が踏み込んできて、応戦しているうちに主人を殺すという最悪の結果を招いてしまいます。

 

 妾のお弓の「こうなっちゃ、一刻の猶予もしておられないから、在金をさらって逃げるとしよう」という言葉に従って、二人はその場から逃げるのでした。屋敷には三歳になったばかりの実之助が眠っていました。

 

2 市九郎、強盗家業を働いた後、懺悔して出家する

 市九郎は「どうせ兇状もちになったからには、度胸を据えて、世の中を面白おかしくくらそうじゃないか」とお弓にけしかけられ、追いはぎを働くようになりました。

 

三年がたち追いはぎも板についたころ、若夫婦が市九郎たち二人の餌食になってしまいます。市九郎は、この夫婦を殺した時に芽生えた良心の呵責と、お弓の強欲さに嫌気がさし、身一つで逃げ去りました。

 

 そして、美濃(岐阜県)の浄願寺に駆け込み、寺の上人に一切の罪を打ち明けます。市九郎は出家し、名も了海と改めました。

 

3 贖罪として隧道(すいどう)開通を一大悲願とする

 出家後に諸国を修行しながらたどり着いたのが、豊前国(大分)の樋田という宿場でした。そこで「鎖渡し」という難所で命を落とした馬子といきあいます。

 

 この鎖渡しでは年に10人もの人命を奪ったという恐ろしい場所であることを聞き、実際に鎖渡しを目にしたとき、約360メートルに余る岸壁をくりぬいて道を通す事業を起こすことを決心します。

 

 

4 里人が何度か手伝うが長続きしせず挫折。しかし18年たち開通のめどがたつ頃、本腰を入れて支援する

  はじめのうちは、騙りじゃといって非難していた里人たちでしたが、二年たち三年たつうちに、迫害をやめて協力するようになります。しかしその困難さからあきらめてしまうこともありました。

 

 市九郎は村人の協力がなくなった後もひとり岸壁を掘り続けます。やがて20年近くが経過し隧道の開通を信じて疑わなくなった里人たちは、積極的に掘削を手伝うようになっていったのです。

 

6 了海(市九郎)を敵とする実之助が登場

 隧道の開通を目前にしたある日、市九郎のために非業の横死をとげた旗本の息子、実之助が現れます。実之助は敵討ちのため、長い間市九郎をさがして諸国をさすらっていたのでした。

 

 やがて実之助の前に現れた市九郎の姿は、人間というよりも、むしろ人間の残骸というべきものになっていました。実之助の張りつめた心は、この老僧を見てタジタジとなってしまいます。彼は、心の底から憎悪を感じるような悪僧を思い描いていたのに、目の前にいるのは半死の老僧だったからです。

 

7 実之助が敵討ちを止められる

 タジタジとなった実九郎ですが、敵を討とうとする実九郎の前に、五六人の石工が挺身して走り出てきます。石工の棟梁に隧道の開通という大願成就の日まで仇討を待つよう哀願され、実之助はこれを受け入れます。 

 

8 実之助が洞門内で了海の菩薩心を感受する 

 石工たちの哀願を受けれはしたものの、五日目になると監視の目も緩んできます。今宵こそと仇討を心に決めた実之助が洞窟に忍び入ると、洞窟の底からクワックワッと間をおいて響いて来る音を耳にします。それは了海が深夜ただひとり暗中に端座して鉄槌をふるう音だったのです。

 

  その一心不乱な音と、しわがれた悲壮な声で経文を誦する声、衆生を救るために砕身の苦しみを嘗めている了海。それに比して深夜の闇に乗じて、おいはぎのように、憎悪のために権をふるおうとしている自分を顧みると、実之助は戦慄が体を伝うのを感じました。

 

 

9 隧道の開通

 実之助は、老僧を闇討ちにするようなことはせず、一生の悲願達成の日まで待つことを決心します。そして呆然とその日を待つよりも、自分も槌をふるうことによってその日が早まることを悟り、了海と相並んで槌をふるうようになりました。

 

 二人が並んでのみをふるうこと1年半ついに洞門は貫通します。二人はすべてを忘れ手を取りあって涙にむせんだのでした。

 

 


朗読・菊池寛「恩讐の彼方に」

 

 作者の菊池寛

自分の歴史小説などは、すべて封建的な義理人情の打破であり、啓蒙であったと思う(『続半自叙伝』)

 と述べています。仇討と、作品の発端となる姦通事件が封建的なものの象徴でしょうか。

 

 封建的なものへの批判という点もさることながら、実之助が市九郎(了海)を赦す心持になるまでの過程がとても興味深かったです。

 

 憎々しい悪僧のはずだったはずの了海が、贖罪のため砕身し人間の残骸のような姿になっており、タジタジとなる(赦す相手の姿をとらえなおす必要に迫られる)

     ↓

 敵討ちを待つことをいったん了承したものの、武士として不甲斐ないと洞窟に忍び込み、岸壁を穿つ姿に心を打たれる。

     ↓

 敵である了海と並んで槌をふるう(共感から赦しの気持ちへ)

 

 実之助は親を殺されており、それを赦すことが困難なのは想像するまでもありません。そこに加えて封建社会ですから、武士としてのメンツや、家名再興の必要性もあります。10年に近い月日を艱難のうちに費やしたらなおのことです。

実之助の赦しの過程をひとつひとつ重ねて読み解いていくことで、「了海スゲー」で終わらない話として読むことができるように思います。

 

 

 

 

 


  韓国小説『七年の夜』 大人の闇に呑み込まれた子どもの話

『七年の夜』 韓国小説

七年の夜 (Woman's Best 韓国女性文学シリーズ3)

七年の夜 (Woman's Best 韓国女性文学シリーズ3)

  • 作者:チョン・ユジョン
  • 出版社:書肆侃侃房
  • 発売日: 2017-11-10
 主な登場人物

チェ・ヒョンス 元プロ野球選手・セリョンダムの新保安部長・ソウォンの父

チェ・ソウォン ヒョンスの息子

カン・ウンジュ ヒョンスの妻

オ・ヨンジェ  セリョン村の地主・歯科医師

オ・セリョン  ヨンジェの娘

ムン・ハヨン  ヨンジェの妻

アン・スンファン ヒョンスの部下

 あらすじ(ネタばれあり)

  死刑囚の息子として誹謗中傷され、親戚の間を転々として育ったソウォン。父親の処刑がせまるなか、ソウォンの周りには不思議なことが起こり始める。
時は変わって、事件の前・・・

 二人の父親が事件の中心人物である。一人は地主で歯科医のヨンジェ。裕福で権力もあり、妻と娘のことを愛しているように見えるが、彼は家族を自分の所有物とみなしている。「自分のもの」に対する病的な執着から家族を束縛し、暴力を振るうのが日常。もう一人は保安員のヒョンス。大柄で元プロ野球選手。息子のソウォンを溺愛している。

 

 ある晩、日々のイライラから飲酒運転をしていたヒョンスがヨンジェの娘を車ではね、さらに扼殺してしまう。その時ヨンジェの娘セリョンは、父親からのドメスティックバイオレンスから逃れるため、道路に飛び出したのだった。母親は自分の身を守るためにフランスに逃げており、セリョンは死んでしまう。セリョンの遺体を湖に捨てるヒョンス。この一瞬の誤った選択が破滅への始まりとなった。

 

  一方、セリョンを殺した犯人を捜す父親ヨンジェ。手段を選ばず犯人のヒョンスを追い込む。最後には息子ソウォンをさらって殺そうとする。ヒョンスがとった防衛策が、ダムをからめた未曽有の災害となって付近の住民まで巻き込み、多数の死者を出してしまう。それが事件のあらましだった。ヨンジェは生死不明となる。

 

 ヒョンスの処刑直前、ソウォンはヨンジェが自分の周りにわなを張っていたことを知る。ソウォンはヒョンスからの攻撃を警察と連携して防ぎ切る。そしてヒョンスの処刑は行われた。

 

 

 


『七年の夜』予告編 ★のむコレ2018上映作品★

 

 

 テーマは「悪」。家族をモノのように扱い暴力をふるうヨンジェの悪。酒におぼれ、誤った選択の結果として子どもを殺したヒョンスの悪。

 

 ヒョンスの悪癖の元である暴力的な父、ヨンジェに見られる妻や子への支配的な父性。作中にはさまざまな悪が描かれている。悪による行為の結果が積み重なって、より悪い方向へと向かっていくのが読んでいてつらかった。

 

 そして子供たち。

 ヒョンスの息子ヒョンスの息子ソウォンは、死刑囚の息子という中傷に耐えて生きるしかなかった。そしてヨンジェの娘セリョンは、暴力に虐げられ、逃げることもできず死んでしまった。セリョンはは自らを置いて行った母を思い、それを見とがめた父に殴られ、逃げた先で見知らぬ男にはねられ、殺された。

 殺される前に「パパ」と呼んだ声は、どんな思いから出たのだろうか。 セリョンははたして、大人であるヒョンスが最期に感じたように、それでも人生に「イエス」といえただろうか。

 

 作中で紹介されているV・Eフランクルの『それでも人生にイエスと言う』とセットで読むと、セリョンが少し救われたように思えた。

 

 

 

 

2018年11月の読み聞かせ勉強会

2018年11月の読み聞かせ勉強会

 

1 おはなしの小道具を使ってみましょう!

 藤田浩子先生のパタパタ変わり絵。いないいないばあ!のセットにはわんちゃんやおさるさんが。一番面白いのは幽霊!いないいないばあでいなくなったあと、幽霊を探すともりあがります(^^)実演動画を見るとわかりやすいです。


いない・いないばあ(『おはなしの小道具セット②』藤田浩子)

 

 

藤田浩子のおはなしの小道具セット 2―すぐに使える

藤田浩子のおはなしの小道具セット 2―すぐに使える

 

 

 

 


乳児も喜ぶ!牛乳パックで作る パタパタ変わり絵

 

パタパタ変わり絵は買わなくても作れます!実際に牛乳パックで作るとはじの厚くなっている部分がひっかかりやすいです。お金はかかるけど画用紙のほうが使いやすくはあるかなぁ。


kimie gangiの工作教室 絵が変わり続ける4面カードの作り方Ver.2

 

4面のパタパタ変わり絵もあります。わたしは虫のたまご→幼虫→さなぎ→蝶のライフサイクルで作成してみました。

 

2 わらべうたであそんでみましょう

 

『おせんべやけたかな』

巻末にあかちゃんとの楽しみ方が載っています。 


31.手遊び歌(おせんべやけたかな)/Japanese Nursery Rhyme with Hand Action (Osenbe-Yaketakana)

 

 3 『トムテ』

 しんしんと冷える冬の夜、ひとり寝ずの番をするトムテ。数えきれないほどの長い年月、こうして農場を見守っていて…。スウェーデンの人々に長く親しまれてきた詩とおだやかな絵が、見る人の心をなごませる絵本。

 

トムテ

トムテ

  • 作者:ヴィクトール・リードベリ
  • 出版社:偕成社
  • 発売日: 1979-11-01
 
4 『かあちゃんのジャガイモばたけ』

 

ジャガイモをつくりながら、ふたりのむすこをそだてていたかあちゃん。でも、ある日、にいちゃんは、東の国の兵士になり、おとうとは西の国の兵士になってしまいます。ふたりともが去ったとき、かあちゃんはちょっと泣いてから畑に戻るのだけれども、その時の気持ちを考えると胸が苦しいです。ふたりの息子がどうなるか、かあちゃんはどうなるのかは読んでみてのお楽しみ。

 

5 『ポレポレやまのぼり』

 慌てんぼうのやぎくん、お調子者のはりねずみくん、しっかり者のぞうくんが、山登りに出かけました。今日は山頂に泊まる予定。やぎくんの妙なこだわりが笑える絵本です。

ポレポレやまのぼり

ポレポレやまのぼり

  • 作者:たしろ ちさと
  • 出版社:大日本図書
  • 発売日: 2011-12-01
 
 6 『ねこのき』

オレンジ色の長いしっぽのねこは交通事故で死んでしまいました。飼い主の花好きなおばあさんはねこを庭にうめました。やがて、春がきて、そこから小さな芽がでてきて・・・

 

ねこのき (おはなし広場)

ねこのき (おはなし広場)

  • 作者:長田 弘
  • 出版社:クレヨンハウス
  • 発売日: 1996-06-01

 

 

 

2018年9月読み聞かせ勉強会 

 2018年9月の読み聞かせ勉強会

1 くいしんぼうのゴリラ


くいしんぼうゴリラのうた|手遊び動画

レモンはすっぱくて、さいごはたまねぎ食べられないんだよね(´;ω;`)

 

2:どんぐりないよ

どんぐりないよ (たんぽぽえほんシリーズ)

どんぐりないよ (たんぽぽえほんシリーズ)

  • 作者:間部 香代
  • 出版社:鈴木出版
  • 発売日: 2017-09-07

 どんぐりを探しに出かけた、りすくん。でも、ほんの少ししか見つからず、家でしょんぼりしていると、こぶたくんたちがやってきて…

 おともだちのみんなのきもちがうれしい本。どんぐりいっぱい。

 保育園や幼稚園くらいのおともだちに。

 

3:ぼくのおじいちゃん

 ぼくのおじいちゃん

  ピラティスとドイツ語を習い、毎日ランチに出かけていくおじいちゃん。ぼくのおじいちゃんの1日は、とても楽しそう! ポルトガルで生まれた、豊かな時間を過ごすおじいちゃんの日常を描く絵本。

 おじいちゃん、なんだかお洒落だな~

 

4:くったのんだわらった

 ヒバリの夫婦は、モグラが巣のそばを掘りかえすので、オオカミに追い払ってくれるように頼みました。オオカミが「たらふく食わせてくれたら」というので、ヒバリは村で結婚のお祝いに集まっていた人々をおびきだして、オオカミにごちそうをはらいっぱい食べさせました。ところがオオカミはこんどは「ビールを思いっきり飲ませてくれたら」というのです……。ポーランドの愉快な昔話です。

 

おおかみが最終的にどうするのか?気になって仕方がないお話。読んでて面白いです!おおかみのずる賢さがうまく出るように読むのが大事。

 

5:おひさまをほしがったハヌマン

おひさまをほしがったハヌマン―インドの大昔の物語「ラーマーヤナ」より (こどものとも世界昔ばなしの旅)

おひさまをほしがったハヌマン―インドの大昔の物語「ラーマーヤナ」より (こどものとも世界昔ばなしの旅)

 

 インドのお話。インドラのバジュラの威力半端ない。

 

6:たんぽぽたんぽぽ

たんぽぽはたんぽぽ

たんぽぽはたんぽぽ

  • 作者:おくはら ゆめ
  • 出版社:大日本図書
  • 発売日: 2015-04-23

すずめが「たんぽぽはたんぽぽ」と言うと、たんぽぽが、花びらをぴんと伸ばしました。たんぽぽが「ありんこはありんこ」と言うと、ありんこが小石をど〜んと運びました。たろうくんも、ねこに「たろうはたろう」と言われ…。

 

独特のゆったりした世界が良い。ゆっくりふわふわ話すのが得意な人がこの絵本を読んだ。とっても気持ち良い空間が広がった。

 

 7:つきよのおんがくかい

つきよのおんがくかい (日本傑作絵本シリーズ)

 

満月の晩、山の上でジャムセッションを楽しむクマ、ウマ、ネコ、イヌに出会うこうちゃん。鮮やかな色の対比と、「ばびぼべばび(ベース)」「キャンキョンカリコレカリコレ(ピアノ)」などの擬音がユニークな絵本。

 

ピアノが「カリコレ」ってどんな鳴り方なんだろう。読むときに工夫が必要。

 

 

紙 芝 居

 

 

 おいもさんの大きさや長さや、いろいろなものを比べる紙芝居。

おいもさんに番号とかがなくて、どのおいもさんなのかちょっと答えにくいかな。

 

2018年5月読み聞かせ勉強会の絵本(2) かこさとしさんなど

4 『マトリョーシカちゃん』 作者:ヴェ ヴィクトロフ,イ ベロポーリスカヤ,加古 里子

 

マトリョーシカちゃん

マトリョーシカちゃん

  • 作者:ヴェ ヴィクトロフ,イ ベロポーリスカヤ,加古 里子
  • 出版社:福音館書店
  • 発売日: 1992-10-15

 

  5月に『マトリョーシカちゃん』は時期があわないと思う向きもあるかもしれませんが、かこさん追悼&読み手の思いということでチョイスされていました。

 

 かこさんといえば「からすの〇〇やさん」「だるまちゃん」が有名。だるまちゃん、最初は手足が短くて可愛い感じだったのが、最近の作品をだんだんムキっと手足が長くなっていて、成長を感じました(^^)/

 東日本大震災後、かこさんの作品が多く発表されたように感じます。

 かこさんの作品はこれからもずっと愛されると思います。

 

5 詩の朗読 『夕焼け』吉野弘

 

いつものことだが
電車は満員だった
そして
いつものことだが
若者と娘が腰をおろし
としよりが立っていた。
うつむいていた娘が立って
としよりに席をゆずった。
そそくさととしよりが坐った。
例もいわずにとしよりは次の液で降りた。
娘は坐った。
別のとしよりが娘の前に
横あいから押されてきた。
娘はうつむいた。
しかし
又立って
席を
そのとしよりにゆずった。
としよりは次の駅で例を言って降りた。
娘は坐った。
二度あることは と言う通り
別のとしよりが娘の前に
押し出された。
可哀相に
娘はうつむいて
そして今度は席を立たなかった。
次の駅も
次の駅も
下唇をキュッと噛んで
身体をこわばらせて--。
僕は電車を降りた。
固くなってうつむいて
娘はどこまで行ったろう。
やさしい心の持主は
いつでもどこでも
われにもあらず受難者となる。
何故って
やさしい心の持主は
他人のつらさを自分のつらさのように
感じるから。
やさしい心に責められながら
娘はどこまでゆけるだろう。
下唇を噛んで
つらい気持で
美しい夕焼けも見ないで。

 

 


夕焼け 詩 吉野弘

 

高田渡さんの歌もあります。


高田渡「夕焼け」原詩 吉野弘

 

www.nhk.or.jp

 

 

2018年5月読み聞かせ勉強会の絵本(1)

1 『つかまえた!』 鈴木まもる作

  

 「たんぽぽのわたげ」を「てんとうむし」がつかまえて、その「てんとうむし」を「とかげ」がつかまえて。さらにその「とかげ」を「ねこ」が、「ねこ」を「男の子」がつかまえて…。最後にみんなをつかまえるのは、あらびっくり( ゚Д゚)。子どもたちの反応が良くて読んで楽しい絵本です。

つかまえた! (講談社の創作絵本)

つかまえた! (講談社の創作絵本)

  • 作者:鈴木 まもる
  • 出版社:講談社
  • 発売日: 2014-03-12

 

  ページの左側にうっすら次にやってくるものの影があるのですが、色の加減ですぐにはわかりません。せっかくだからどこかで説明をいれたいな~と思うときは、最後にちょっと申し添えても良いかもしれません。

 

講談社の読み聞かせ方のコツのページが参考になりました。

ehon.kodansha.co.jp

 

2 手ぶくろシアター 「キャベツの中から」

 

薬指を立てるのが難しいのです・・・(ノД`)・゜・。

 


キャベツの中からの手袋シアター☆【あそびかた♪】

 

 手あそびもあります。歌も手あそびもいくつかバージョンがあります。

 


【手遊び歌】 キャベツのなかから 【子ある日和】

 

3 エプロンシアター 「三匹のこぶた」

 

三匹のこぶたは有名なおはなしなので絵本も、手あそびも、手袋シアターもあります。

子どもたちもよく知っています(^^♪

 


笠間 友部 ともべ幼稚園 子育て情報「エプロンシアター さんびきのこぶた」

 

 

 

科学絵本 新しい本 2017年10月

 

 科学絵本と題してみたものの、科学、科学といいつづけると堅苦しくなるので、よみきかせ向きの楽しい本から。

 

 

1 『いぶくろちゃん』

いぶくろちゃん (ライブえほん)

いぶくろちゃん (ライブえほん)

  • 作者:平田 昌広
  • 出版社:学研プラス
  • 発売日: 2017-10-03

消化について教えたいけれど、やさしく読める本はないですか?とお探しの方!

そんな人におすすめ。いぶくろちゃんがバナナを皮ごと食べちゃって・・というお話。

作者のかたが読み聞かせを動画であげているので、読み聞かせの練習にも。

 


いぶくろちゃん 読み聞かせ実演動画(Gakken)

 

 

 2 『すっぱりめがね』

 

 すっぱりめがね

すっぱりめがね

  • 作者:藤村 賢志 出版社:教育画劇 発売日: 2017-09-14

 

 モノの断面についておはなしするときにおすすめの絵本。学校司書さんに人気があった一冊。僕の持ってるふしぎな「すっぱりめがね」で何かをのぞくと、なんでもすっぱり!身の回りの物の断面を緻密な絵でのぞける、好奇心をはぐくむ絵本。

 

3 『いきものかくれんぼ』

 

  ほかのいきものにたべられないために、かくれんぼのてんさいになったいきものたちを紹介する本。ぜひクイズ形式で。

 

これはすごい!と私が思ったのはハイイロセダカモクメというガの幼虫。

虫がお嫌いでなければ、著者の一人である海野さんのブログをご覧あれ。

www.goo.ne.jp

 

 

 4  『わたしがノーベルしょうをとったわけ』

 

   主人公の女の子が不思議な卵をみつけて観察をはじめたら・・・。見たことだけではなく、観察した特徴を手掛かりに、図書館や博物館へ行って調べたり、比較したり、原因を予想することが日記に書かれていて、研究の手順について理解を深めることができる。

 

5 『ぼくのおおきさ』

 

 「大きくなったねえ」といわれるたびに、「ぼくは、僕の大きさだよ」と思う主人公。大きいとか小さいとか、何だろう?

親戚には必ず言われる「大きくなったねえ」。いわれる方にはたしかに不思議に感じる。