珈琲とチョコレート

本屋さんか図書館まわりで生きています。ハヤカワ文庫サイズのブックカバーがほしいです。

『ジェーンとキツネと私』いじめの中で素晴らしい本と出合った女の子の話

『ジェーンとキツネとわたし』
ファニー・ブリット文 イザベル・アルスノー絵 河野万里子訳 西村書店

 

 

もとはカナダで出版されたフランス語の本です。

実際手に取ってみると、中がコマわりになっていて、マンガのようです。

袖の部分にある紹介コメントには

 

「カナダ総督文学賞受賞/気鋭のイラストレーターが描く/繊細なグラフィックノベル」と書かれています。

 

ウィキペディアによると


グラフィックノベル (Graphic novel) は、通常は長く複雑なストーリーを備えた、しばしば大人の読者が対象とされる、厚い形式のアメリカン・コミックを指す用語である。グラフィックノベルは、オリジナル長編の場合や、オリジナル短編集の場合、過去に発行されたアメリカン・コミックの一連の物語を再収録した一冊の本の場合がある。フランスでは、版型がやや小さくてページ数が多く、シリーズものでない単独作品で、文学的であることを目指すようなものを指す[1]。
コミックナタリーでは、「アメリカでマンガ単行本を指す用語」と説明されている[2]。

 

 他のウェブサイトではエルジェのタンタンシリーズが挙げられていたり、日本のコミックスも入るのでは?との意見もあったりで、厳密に決まっているジャンルではなさそうです。

 

 絵本というより、むしろティーンズ向けの小説のようです。100ページほどありますが、絵が多いおかげで疲れません( *´艸`)

 

 冒頭は主人公の少女の通う学校。町を俯瞰したシーンから始まります。

 

 

f:id:coffeeandchocolate:20171109152112j:plain

 

きょうはどこにも居場所がない 


学校の廊下もだめ、校庭もだめ、美術室に続く一番奥の、すこしだけチーズみたいなにおいのする階段もだめ。

 

“あの子”たちがそこらじゅうにいるから。わたしの悪口をらくがきするあの子たちが・・・

(本文より)

 

主人公の少女は"わたし"。

 

タイトル『ジェーンとキツネとわたし』の"わたし"、エレーヌ。

 


エレーヌは学校でひとりぼっちです。トイレに「エレーヌは体重100キロ」「臭い」なんて悪口を書かれたりしています。以前仲が良かった友達と、何かがあって孤立しているようです。どうにもならない時は本の世界ににげこみます。

 

ちなみに、エレーヌが読んでいるのは『ジェーン・エア』。現実にある小説です。

 

『ジェーンとキツネとわたし』の、「ジェーン」は、1847年に発表されたイギリスの小説『ジェーン・エア』の主人公のことです。『ジェーン・エア』は作者シャーロット・ブロンテが30歳のころに執筆した名作です。どんなお話かというと・・・

 

 孤児になった主人公ジェーン。ジェーンは預けられた親戚の家で酷い扱いをうけ、厳しい子供時代を過ごします。ひどい境遇にめげることなく聡明な女性へと成長し、最終的にすばらしい愛を見つける。

 

この本をエレーヌはお守りのようにカバンに忍ばせています。

 

 学校にいても、家に帰ってでさえも、エレーヌの世界は冒頭の風景のシーンと同じくモノトーン一色。『ジェーン・エア』の世界だけが鮮やかな色であふれています。

 

 そんなエレーヌの学校生活にある試練(?)が訪れます。

 

 キャンプです。

 

 クラスに友達がひとりもいない現状で、これはつらい(/ω\)。

 

本を読むことでバス中の「ぼっち」をやりすごしたエレーヌが、自分以外の子がグループを作っている時にとった戦術

 

何かを探しているふりをしてかばんをごそごそする。

 

つらい。


 悪意を持ったからかいを臆面もなく口に出す人と、関わりたくないから見て見ぬふりをする人。自分をとりまいている息苦しさ。まわりの目が気になります。


  そして最後に出てくるのが、『ジェーンとキツネとわたし』の"キツネ"。


 キツネはキャンプ最終日の夜、テントの外で『ジェーン・エア』を読んでいたエレーヌにあらわれます。嫌なことがあったキャンプの夜、グレーと黒の世界に、赤茶色の小さなキツネがあらわれます。色ってこんなにパワーがあるのですね・・

 


 キツネの登場と同時に、ある女の子がエレーヌの前に現れます。女の子との交流で色のある世界へとエレーヌは帰ってゆきます。

さらに、彼女をいじめていた女の子とも関係の修復の兆しをみせながら。

 

いじめをのりこえることがメインではなくて、「素晴らしい本との出会い」を経験できた女の子のお話のようにも読めました。
 

 

 

ジェーンとキツネとわたし

ジェーンとキツネとわたし

 

 

 

 

ジェーン・エア (上) (新潮文庫)

ジェーン・エア (上) (新潮文庫)

 

 

 

ジェーン・エア (下巻) (新潮文庫)

ジェーン・エア (下巻) (新潮文庫)